銀行のキャッシングは低金利であり総量規制の対象外

モビットなどのキャッシングは消費者金融だけでは無くて銀行も行っていて、どちらも基本的なサービス内容については同じであって特に使用用途が制限される事も無くお金を借りる事が出来ます。ただ、銀行と消費者金融のキャッシングにはいくつか違いもあるので、その違いについて説明をします。

まず、キャッシングを利用する際に重要な要素となる金利に違いがあります。消費者金融と比べると銀行の方が低金利である傾向があるので、安く借りたいのであれば銀行から借りるようにした方がお得になる可能性が高いのです。金利の差は返済が長期化したり利用する回数が多い程次第に大きくなっていくので、借りるのが一回のみですぐに返し終わるというのであればそこまで差を気にする必要はないですが、そうでなければ銀行から借りるのがオススメです。

二つ目の違いとしては、消費者金融の場合は総量規制によって年収の三分の一以下しか借りる事が出来ない、借入金額が50万円を超える場合は収入証明の提出が義務となるのですが、銀行は総量規制の対象外であるという事が挙げられます。特に専業主婦にとっては総量規制の対象かそうで無いかは重要な事であり、総量規制があるために消費者金融からお金を借りるのは現状では難しく、銀行ならば専業主婦を対象としたサービスもきちんと用意されている所もあってお金を借りるならば必然的に銀行を選択する事になるのです。総量規制については専業主婦以外でも問題となる事もありますが、そうした問題も銀行ならば関係ないです。