審査で落ちた!オリックス銀行のカードローンで審査に通らない人の傾向

他の銀行でのカードローンに通らなかった人も、オリックス銀行カードローンでは無事に通るケースは多いようです。つまり、審査が甘いとの意見が多いわけですが、現実には落ちた経験を持つ人もいます。では、その両者の違いはどこにあるのかという話になります。オリックス銀行でのカードローンの審査に落ちた人の傾向として、定職に就いていないということが挙げられます。実は審査の大きな対象は、安定した収入を得ているか否かにあります。たとえアルバイトでもパートであっても、きちんと会社に通って毎月給与を受け取っている人であれば、大抵は通るわけです。もちろん、過去に他の銀行などで滞納した経験があれば話は別です。けれども、どれほど多くの収入を得ているとしても、それがフリーターであったり自営業となると厳しくなります。所得証明として直近の収入を申告しますが、それでも通らないケースはあります。その場合、最初から利用上限額を高く設定していることが原因ということもあります。オリックス銀行の場合には、カードの利用実績に応じて利用限度額を増額させることも可能です。そこで自営業者などは最初は少額での申し込みをしておいて、利用しながら徐々に限度額を増やすという方法をとることができます。このようなオリックス銀行の特徴を把握しておくことによって、申し込みの工夫をすることでカードを作ることが可能となります。もちろん、申告内容に虚偽があれば通らないことは他の銀行と同じです。